観光の別の楽しみ方!自然を大いに楽しむ体験宿泊と漁業体験

体験宿泊のメリット・デメリット

体験宿泊のメリット

農村民泊のように、地域に根差した職業体験ができる体験宿泊には、観光ないし宿泊施設をベースとした旅行とは異なる魅力があります。
どうしても既存のテンプレートの域を出られない観光旅行に比べると、未知の体験や既知でありながら、実体験したことがない体験ができるという独自性があります。

加えて体験宿泊の場合、宿泊方法が民泊であることが多いことから、アメニティや本格的なサービスを味わうことは望めないかもしれません。
宿泊施設がゲストハウスなら、他の滞在客との交流が持ちやすく、宿泊施設が農家や漁家であれば、家主である地元の方と交流が望めるなど、アットホームな雰囲気を楽しみやすいでしょう。

また、ホテルや旅館のような宿泊施設に比べ、宿泊料金がかなり安い点も体験宿泊のメリットです。

体験宿泊のデメリット

体験宿泊に観光や行楽とは違った魅力があることは間違いありませんし、スタンダートな旅行に飽きてしまったという方にはお勧めできます。
体験宿泊にも、体験宿泊なりのデメリットがあることも否定できません。

例えば、ホテルや旅館といった宿泊先でのアメニティは、旅行の思い出作り兼、自分用のお土産にすることもできます。
体験宿泊の宿泊先となるであろう、ゲストハウスや農家ないし漁家では、期待できませんし、高級ホテルあるいは高級旅館で受けられるプロフェッショナルからの接客を体験することはできないでしょう。

更に言うなら、体験宿泊は伝統文化や地域の産業に触れることを目的としているため、旅行先で羽目を外したい方や骨休めをしたい方には、観光や行楽を中心とした気軽に楽しめるスタンダートな旅行をお勧めします。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ