観光の別の楽しみ方!自然を大いに楽しむ体験宿泊と漁業体験

体験宿泊における漁業体験

主な体験宿泊の体験内容

一口に体験宿泊と言っても、体験宿泊の内容は多岐に渡り、農林漁業体験の枠組みなら野菜及び果物の収穫や漁業体験をはじめ、卵の収穫、山菜の収穫に加え、お茶やハーブの収穫などが挙げられます。
製造体験であれば、地域の特産物を使った料理や郷土料理の他、調味料や発酵ジュース及び果実酒の仕込みが挙げられるでしょうか、

農林漁業体験と製造体験と類似しますが、食器づくりや職人の技術見学も体験宿泊の内容としてオーソドックスなものです。

もっとも、体験宿泊を提供する、相手次第で、体験の質は異なりますし、日本で体験宿泊のニーズが高まったのは、最近であることから、テンプレートがないため、同じ体験宿泊であっても、体験できる内容に、差があることは否めません。

体験宿泊での一般的な漁業体験

体験宿泊で漁業を体験する場合、農林漁業体験民宿を利用した農村民泊によって漁家か漁家の持ち家に宿泊し、体験宿泊の拠点とするのが一般的です。

具体的な体験宿泊における漁業体験の例としては、普段、漁業が行われる深夜から早朝に起床し、漁船に乗り込み、指示に従いながら海上で漁業を体験したり、漁港で仕入れを体験したりするのが大まかな流れになります。

ただ体験宿泊で漁業を体験できるとは言っても、体験宿泊者はあくまでもゲストであることから、本来の漁業に比べれば作業を含め様々な業務が簡略化されている可能性が高いため、仮に漁業体験がスムーズに終えられたとしても、実際の漁業での成功が約束されるようなことはありませんのでご留意ください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ